弥生賞2018 回顧

まいどおかべです。

2強?3強?4強?

今年のクラッシックロードトライアルの大一番弥生賞やったで。

2歳王者ダノンプレミアム、無敗の重賞勝ち馬ワグネリアン、

2戦2勝評判馬オブセッション、G2勝GI2着良血馬ジャンダルム。

有力どころが揃い踏みしたんでクラシック出走権取りたい組はここ避けるでな、小頭数になったな。

トライアルって各馬消耗避けて権利取りたいからスローペースになりやすい、

に加えてのこの小頭数やからスローペースなんは皆さん予想通りやろ。

反省無くして前進無し。弥生賞回顧やで。

勝時計が2.01.0 上がり34.3

この時期の中山やけど今年はもう馬場荒れてきとるのね。

予想通りの?スロー逃げに持ち込んだサンリヴァル藤岡祐さんの時計やで。

結果差されたけどスロー逃げ読んでこの馬の3連系で勝負された方は予想としてはええ読みですな。

ただ今年は1番人気ダノンプレミアムが先行脚質やったんで捕まりやすかったか。

1着ダノンプレミアム。川田さん。〇強言うても、この馬が2歳王者。単勝オッズもぐりぐりの1倍台やったかと?先にも言うた先行脚質でスロー予想やったしね。サンデー以降の強い馬は差しタイプが多いけど、キタサンブラックしかり先行できるってのは大きな武器やでな。前行って上がりまとめられたらそうそう差せるもんじゃない。シービーはルドルフに先着できんかったで。コーナーから芝良さそうなとこ通る余裕あったし、完勝って言うてええかと。皐月賞は軸もうこれか?パドックではテンションちょっと高かった。

2着ワグネリアン。ゆーいちさん。4角ではムチ入ったけど最後までしっかり伸びて2着。わかってたことやが今日は展開不向きやね。もう少し流れてくれてきびしい流れになった方がええな。本番、ダービーに期待は持てるかと。こっちもパドックではテンション高かった、返し馬ではだいじょうぶそうやったけど。人増える本番での心配点ではあるなぁ。

3着ジャンダルム。豊ちゃん。ロス無く運んで最後ぎりぎり差しての3着。勿論展開の利はサンリヴァルにあってのものやけど・・・。陣営は2000Mこなせるって言うてるし、GI・G2で馬券なってるねんけど、やっぱキョリ長いんちゃうかなってのが素直な感想やな。皐月賞いかんとNHKマイル行くんをオススメする。阪神ファンは皆監督のつもり、ってファン心理やな。

4着サンリヴァル。藤岡祐さん。自分の逃げに持ち込んで、上がり34.6でまとめた。藤岡兄さんの騎乗はファインプレイやったかと。3着にはなりたかったやろが現状ここではちょっと敷居が高かったか。

番外オブセッション。ルメールさん。4角あたりで外に飛んで行った。ルメさんで制御不能になるんは珍しい。思った以上に馬が若いわ。素質はあるんやろけどな。やっぱり青葉賞やろか。

皐月賞はよりペース流れる、多頭数になる、馬場どうなる?

ってところやな。春のクラシックロードへの重要ステップレースやったと思うでな。内容は覚えときましょ。

ほなまたね。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です