東海ステークス(東海S)2018 回顧

まいどおかべです。

日曜日の競馬、噛み合わずけっこうあかんかったです。

ブルーな週明けでな。寒いし。

やっぱり勝負は勝たんとあかんね。

次は勝つで。たぶん。

 

このレースもはずした、けどこれはちょっと難しかったかな。

反省無くして前進無し。東海S回顧やで。

勝時計が1.51.8 上がり38.1

ぐりぐりの人気馬テイエムジンソクが逃げてペース作ったな。

時計の感じ以上にシビアなペースやったんかついていった先行馬はほぼ崩れた。基本的には前有利なレースなると思っててんけどな。

1列後ろから運んだ13番人気のコスモカナディアンが唯一食らい付いたんがレースと馬の評価を難しくしとるけど、昨年の頭GI川崎記念の3着馬やし前走大敗とはいえここまで人気薄になる馬では無かったな。ノーマークやったけどフロックじゃないと思うで。力付けとるのかもね。

 

1着テイエムジンソク。古吉さん。逃げて後続をきっちり完封。やっぱりスローペースに落としきるよりもある程度自分でペース上げて行った方がええタイプかな。カナディアンと着差はあんまりなかったけど交わされる気配は感じなかったで。これでフェブラリーSへ1番人気?での出走になるやろね。ただワンターン、軽いダートの東京マイルへの適正はわからんところも多いで。人気確実だけに考えなあかんとこやな。

2着コスモカナディアン。丹内さん。既に上に書いとるけど、唯一ジンソクに食らい付いた。3着馬とはかなり差ついとったで。1列後ろやったとはいえ、流れが向いたってかんじでも無かったからフロックじゃないと思う。力付けてきたってことかと以下の馬がだらしないんじゃなければこの先が楽しみやな。

3着モルトベーネ。秋山さん。いっぱいいっぱいやったけど3着をキープ。他の先行タイプが崩れとるから評価できるんちゃうかな。苦しくなってからもしぶとかった。

4着サンマルデューク。岡田さん。ダート1800、追い込みの穴馬、力の要るダートで侮れんところ見せたね。さすがにお歳やと思うけどハマれば怖いな。小島太厩舎、定年でラッパ聞けなくなるんは寂しいで。

5着クイーンズサターン。池添さん。こっちも展開はハマってんけどコースロスが多めやったんが最後に響いたかな。まぁ馬群に入れてもあかんねんやろけど。展開待ちやね、差せるダートのハイペース。

 

見たまんまやとジンソクとカナディアンが抜けてたね。

フェブラリーSの前哨戦やとして見ると、ジンソクは東京もマイルも経験ないから判断難しい。カナディアンは力要るダートの方がええタイプやと思うねんけど。

かと言って千切られた他の馬はちと本番で買いにくなったか?そこから穴でるんか?

ま、面子出揃ってから考えましょ~

ほなまたね。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です