中山記念2018 回顧

まいどおかべです。

引退される調教師の先生方活躍目立った週末やったね。

仕上げてくるやろし、頭数も豊富やし狙い通り仕留めれましたか?

因みにわしが狙ったのは岩本先生、和田さん騎乗のテイエムソレイユ!

オペラオーに乗せ続けてくれた師匠の馬やし義理と人情、しかもTM、揃っとるしここは勝つやろ当確やで。まぁ見事に、、着外でしたわ。

あかんわー。

 

脱線した、反省無くして前進無し。

春のGIへと続くG2中山記念回顧やで。

はい。ペルシアンナイト◎でした、ゴメンナサイ。

勝時計が1.47.6 上がり36.6

マルターズアポジーが自分でペース作っていってこの時計

自身もタイム差無しの3着。これは普通の時計やな。

んでや道中をみると2番手のアエロ典さんはいいとして、そっから以下離されすぎやでな。

ブライト松岡さんは結果的に勝ってるし文句ないけど、他はちょっとなぁ中山1800、OPクラスのペースちゃうで。

中山でぽつぽつ起こるけどこうなってまうとラスト一気に詰めてもしんどいで。

1着ウインブライト。松岡さん。この条件で既にG2勝っとったし得意条件間違いなさそうやな。離れた前を見事に差し切った。結果かもしれんけど自身より後ろの差馬をつぶすファインプレイ。並ぶところから怪しくなるんは気性的なもんもあるかも。父ステイゴールドやしな。ペース落とすとスパッと来られて取りこぼしそう、前が引っ張ってくれる流れのが良さげやね。

2着アエロリット。典さん。番手追走からきっちり逃げたアポジーを交わした。ブライトに差されたけど、まぁこれは仕方ないな。スタートからスムースに力発揮できた。ハナ、番手が理想やね、相手弱化すれば素直に良さそう。

3着マルターズアポジー。善臣さん。最後の失速も最低限に抑えれてるええ逃げやったと思う。武士沢さんやなかったけど、ベテランの渋い逃げやった。あと少し足りんかったけど、これを続けていければチャンスは来るはず。

4着サクラアンプルール。蛯名さん。こっちは騎手も馬もベテラン。実質後はスローペースやったからな、57kg背負ってしっかり伸びてきたで。自身の力は出せとるんでこっちもこれを続けてチャンス待ちたいね。

5着ペルシアンナイト。デムさん。ゲート悪い馬やねんけど、後ろの組のあのペースで全く動いていかないとはデムさんらしくない。ペース読むのが巧みってタイプじゃないけど勝ちのない位置で無策に貯めるってタイプでもないはずやねんけどなぁ。こんなん言うてたら一変するねんけどちょっと最近乗れてないな。馬はがんばってるよ。

 

前の2頭とその他の後方組が別のレースになってもたで、

後の組はスローペースからロングスパートが求められるレースやった。

開幕週の中山やけど、今年は芝状態この先ちょっと心配やな。馬場荒れてくるかも。

 

ほなまたね。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です