府中牝馬S 2017 回顧

 

まいどおかべです。

先週土曜日の府中牝馬S

エリザベス女王杯へのステップレースやし覚えとる内に回顧やで。

雨模様やったけど馬場はまだやや重、わりと早い時計出るコンディションやった。レース展開としては逃げ馬が残ったようにスロー、内有利でした。馬群一団で運んで直線よーいどん古馬の有力牝馬やで各馬それなりの上がりは使っとる、全体時計としては平凡か?

逃げ切ったクロコスミア岩田さん仕掛けもばっちり。北海道からの連勝やで、ワンターン1800・スローペース・単騎先頭、有利な条件に持ち込んだけどヴィブロス以外は直線突き放しとるから力付けとるね。

ヴィブロス ドバイ勝からの休養明けやけど春しっかり休んだ分、この秋きっちり体調整えてきた1番枠から直線捌いてきた、馬群捌いてからはよく伸びたけど脚余した形やね。枠的にもやむを得ないかな。人気やろけど次走も楽しみ。

アドマイヤリード 東京1800・やや重・夏一走使ってる からこの秋一番ここがチャンスやと思ってわりと自信の◎やってんけども失敗。直線詰まったわ。詰まった分脚溜まったんもあるんやろけど外出せてからは目立つ伸び。力は見せた、ただ条件的にはこの秋ここ以上に合うとこ無いんでは?

クイーンズリング 去年のエリザベス女王杯馬、56kg背負って外から脚使って4着、スローで馬券には絡めんかったけど秋初戦としては十分合格点やろな。

トーセンビクトリー 上手く運んだと思う、直線一旦はクロコスミアに迫るか?の場面あったけど先に力尽きた感じやね。自分の力は素直に出せたけど今日は前の馬には敵わんかったな。

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です