阪神大賞典2018 回顧

まいどおかべです。

レース前の話題はクリンチャーの乗り替わり、藤岡兄さんから豊ちゃんへ。

クラシック一緒に戦ってきたパートーナーやし、前走でGI馬相手にきっちり勝ちきったから、わしもこの馬は渋く藤岡兄さんでええんちゃうかいなとは思うけども。

藤岡兄さんといえばGI勝が無い男?そこでアンカツに差し返されるか?スーパーホーネットの単勝がしこたま・・・

まぁそれはそれ。クリンチャーちょっと人気し過ぎやったかな。

と思ったけど、馬連、3連単とかは単勝ほど人気被っとらんかったか

皆さん予想上手いわ、これはちょっとザンネンな傾向やで。

わしはクロニクルの順位下げて敗れましたゴメンナサイ。

反省無くして前進無し。阪神大賞典回顧やで。

 

勝時計が3.03.6 上がり36.4

阪神大賞典らしい、長距離戦らしい、じりっときびしいラップやと。

前に行ったんほぼ人気ないところやったとはいえ、全体的には差せる競馬やったかな。

1着レインボーライン。岩田さん。昨年一年、3,4,5,6着とかなイメージやったけど古馬王道でのもんやでな。ローカルのG3とかとは相手がちゃう。あとやっぱり阪神は合うな、直線内にささり気味で最後ちょっと詰められとるけど、4角でもう勝ちを確信させるくらいの差はある競馬やったで。お見事やった。

2着サトノクロニクル。川田さん。見くびってましたわ、やられた。昨年12月に初重賞勝、順調に力付けとりますね。距離も融通効くからサトノ、池江先生が天皇賞の後もどこを狙わせるかやな。古馬王道へ行く?使い分けられそうな予感やね。

3着クリンチャー。豊ちゃん。入りでかかりましたな、その分ロスは小さくなかったやろな。バタバタにならんと踏ん張ったとは思うけど、グリグリ人気やったからそれでは足りんわな。3着に踏ん張ったんは多くの本命党を救ったで、4着ではいかんのです。金曜日の雨量が不足したんもあるかもな。雨雨フレフレ。

4着アルバート。ゆーいちさん。いつも通り?後方待機で展開は向いたと思う、レインボー以外は差し切るかって手応えで直線向いたんやけど・・・。同じ脚色なってもたね、仕上りか?年か?ちょっと足りんかったな。ステイヤーズSまでには立てなおしてくるやろ。

5着カレンミロティック。池添さん。大ベテラン馬、10歳やでな。今日も競馬は上手やった、休み明けってのはあるかもしれんけど上積って言われるとさすがにどうやろか、上手く運んでるだけにね。ただ天皇賞でも上手く運ぶ可能性は大、条件向けばそこそこにはくるんちゃうやろか。

 

GIなった大阪杯もまだやし、天皇賞に向けてはまだまだ混沌としとるね。

でも重要なトライアルではあるはずなんで来月末まではなんとか覚えときましょう。

 

まぐろ?いわし?がええんやったっけ。最近漢字がさっぱり出てこんです。

ほなまたね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です