阪神ジュベナイルフィリーズ2017 回顧 阪神JF

まいどおかべです。

競馬ファンの間では有名なお話ですが阪神ジュベナイルフィリーズと言えばサンデーレーシング。

相変わらず強さを見せつけましたな。もちろん他のGIでも強いねんけどね、血統なのか?育成なのか?方向性がレースにあっとるんでしょうね。メインの判断材料にすることは無いけど来年も覚えときましょう。

石橋脩さん見事勝ちました、大馬主たるサンデー様には下手打たない限り継続騎乗でお願いしたいファン心理。特に石橋さんのファンでも無いんやが全体的にね。デムルメさんもスポット外人さんもええけど、日本人ジョッキーの知名度ある人が出てこんと競馬界、不味いで。実力社会でも先ずはチャンスもらえんとね。

・・・話ズレタ。

もどりまして阪神JF回顧やで、反省無くして前進無し。

 

勝時計が1.34.3 レース上がり34.4

まぁミドルペースって言ってよいかと、素直に抜け出した3頭が上位評価でええんちゃうかな。無事にいってくれると春が楽しみやね。

1着ラッキーライラック。石橋脩さん。ゲートちゃんと出て位置取れて、外目回して直線伸びる。今回も優等生な競馬ができたな。折り合いも大丈夫やったし、特に注文するところは現状ありません。デキもとても良かったと思うで。よくできました。

2着リリーノーブル。川田さん。この馬もライラックと同じような感じで競馬上手いね、上位3頭の中では一番前におって直線自力で抜け出したところを差された。4着以下の馬群からは完全に抜け出しとるから今日のメンバーでは力上位を示したんちゃうかな。ここで賞金加算できたんは大きいな。

3着マウレア。戸崎さん。2戦2勝の良血馬、姉アユサンらしい舞台適性とセンスを見せたで。上2頭より内目は走れたけど、捌くのは手間取った。賞金加算はできへんだけど力あるね。

4着トーセンブレス。善臣さん。前走アルテミスS1番人気馬、今回少し評価を落としとったけど後方からよく伸びたで。折り合い面はまだ心配残るけど。展開向けばもう少し迫れたはず。

5着モルトアレグロ。吉田隼さん。2勝馬やねんけど、個人的に完全にノーマークやった。前走500万下勝ちが馬場悪くて時計目立たんかったんと、比較的キャリアが豊富やったんが目が向かんかった原因やと思う。この馬がってわけじゃないけど、他のレースでも盲点になりそうなパターンやでな、覚えとこう。

 

圏外に飛んだ1番人気ロックディスタウンは力みもあったように見えたで、仕上りが良くなかったんか、レース間隔か、まだまだ若いんで次見てみましょう。

 

ほなまたね。

【関連】

阪神JF展望

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です