馬券術 最終12Rレースで勝負する

まいどおかべです。

負け込んでる日、メインレースで負けた日、最終レースで逆転を狙って全治3カ月。

そうやね、わしがよくやる負けパターン。・・・ええ加減学習しようと思います、ハイ。

 

メインレースで勝った日、欲張って更に儲けようと最終レースに手を出して利益減少。

そうやね、わしがよくやる以下同文。

 

今回は博打打ちの性ともいうべきこの行動を逆手にとって馬券術に活かそうと思うで。

 

人は負けてるとき、貧すれば鈍する。

判断力の低下した状態やのに、負けを取り戻そうとして少ない資金力で最終レースに突っ込んで玉砕する。

わしだけじゃないはず?競馬あるあるやと思うとるねん。あとから見たら自分でwhy??って馬券を買っとることあるもんね。

 

人は勝ってるとき、驕りが出て油断する。

驕って次も勝てるんちゃうか、と軽い気持ちで最終レースに手を出して利益を吐き出す。

わしだけじゃないはず?馬券あるあるやと思うとるねん。後から見たら以下同文

 

多少なりともこの層が存在する前提での話やけど、であるなら12Rこそライバルに鈍したやつ(わし)・驕ったやつ(わし)がおる分勝ちやすいレースなんじゃないか?

自分が有利なところで、相手の不利なところを攻める!これまた孫さんが言うてそう。

要するに言うてまうと、

最初っから12Rをしっかり予想しておいて、

メインレースで負けて熱くなったカモ・勝って驕っとるカモどもを狙う

って訳やわさ。待ち伏せ万歳。

◇今回の作戦の胆は

先ず自分はメインレース含めその日の結果が出る前、冷静なうちに最終レースをしっかり予想する。

これだけ、やな。これをしとけば負け込んで最終レースで変な買い方をして傷口を広げるんも同時に回避できるはず。(金額は負けを取り戻そうと膨らむ恐れアリ、なまじ予想してる分ね。気を付けよう)

全然ながながと書くほどの内容でないけど、シンプルな分すぐできて、すぐ効果がきたいできるカモ。

案外、常勝の作戦ってのは単純なもんやねん。できたことないけど、たぶん。

◇一応問題点も既に見えとって、2つあるねん。

①最終レースを先に予想してしまうってことは馬場状態等その日の傾向を加味した予想はできないってこと。

②当たり前やけど最終12Rにちゃんと軍資金を別資金として残しとかんと勝負すらできんで。

感覚的なところの話になってまうけどデメリットよりメリットが上回ると思うとるで。

まぁ、検証してみんとわからんもんね、

というわけで後は実践検証してみましょー。

 

ウマニティに『最終レース馬券術』で書いたのを記載するからデータ改ざんはできひんで。

ほなまたね。

 

2017は全く結果でとらんですが、

そもそも2017年年末は他のレースもダメダメやったんじゃね。

予想もできてない最終レースに突っ込んでありったけ負ける!ってパターンは回避できてるんで作戦そのものは効果アリ。継続するで。

おかべ結果報告

2018はまぁまぁやで

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です